鉄分の働きとは

ゴルフ01鉄分というのは、体内や脳に、酸素を運搬する働きのある赤血球中のヘモグロビンの構成要素があり、粘膜の免疫力を高める働きがあります。全身に酸素を届ける働きがあるため、不足してしまうと、体内部で不具合が起きてしまい、貧血状態になってしまいます。体内の約6割が細胞が欲している酸素を届け、残りは肝臓や脾臓などに蓄えられています。酸素がいきわたらなくなると、疲労感や息切れ、記憶力や学習能力の低下、情緒不安定などの状態をひきおこしてしまいます。下まぶたの裏側が白っぽい色に変わっていたり、顔色が青白くなっているときは、鉄不足のうたがいがありますので、チェックしてみましょう。肉や魚に含まれているヘム鉄、野菜などに含まれている非へム鉄がありますが、動物性食品の方が吸収率は高いという特徴があります。ヘム鉄は、非へム鉄の吸収を促す働きもありますので、ほうれん草など鉄が多く含まれた野菜と、肉、魚を同時に食べることで吸収力が上がるのでおすすめです。急激なダイエットは、鉄の不足を促してしまうおそれがありますので、気をつけましょう。また、鉄をとることによって、冷え性やお肌のくすみも改善することができますので、御悩みの方は是非摂取してみてはいかがでしょうか。その際には、一日の必要摂取量を守ることが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。